RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

行政書士法人A.I.ファースト  代表のブログ

行政書士法人A.I.ファースト  代表 行政書士 長江博仁のブログです。

私達の行政書士法人のこと、その他 行政書士業務、行政書士の営業、開業等のお役たち情報などについて書いていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。
<< 地震 | main | 東京に戻ってから >>
東日本大震災
0
    この度の東日本大震災に被災した当事者として、何かできることはないかと思い、このブログを更新させていただきました。
     
    まずは、犠牲者の方に追悼の意を表し、行方不明者の方に早くご無事で見つかるようお祈り致します。
     
    私自身、現在は昨年からオープンした仙台事務所を指揮するため宮城にいることが多いのですが、3月11日の地震発生時は仙台駅の構内におりました。
     
    ものすごい音と揺れを感じると同時に、頭上から看板など色々なものが降ってくるのが分かりここにいては死ぬと思い、必死で駅の外のデッキに出ました。
     それが精一杯で、駅の外のデッキで大きな揺れがおさまるまで這いつくばっていました。

    私の隣で地面に伏せていたおばあさんが、宮城沖地震より揺れた と言っておりました。

    怖いというよりも、死ななくて良かったというのが実感です。
    今も余震は多いですが、その日と翌日は震度5以上の余震が何度もあり日本はどうなるのかと思いました。

    その後、幸いにも仙台の事務所のメンバーと合流することができ、ライフラインが全てストップする中、助け合って生きてきました。

    事務所内は、本棚・パソコン等が倒れ、辺り一面に書類等が散乱する悲惨な状態でしたが、その場にいた職員は全員無事でした。

    津波の被害を受けた町に行くことになっていた職員となかなか連絡が取れず、みんなで心配しましたが、なんとか安否確認もできました。
     
    ただ、家が無くなったり、半壊とか全壊という職員やお客様もおります。申請中の案件で、営業所が無くなってしまったというお客様もおります。

    仙台駅の周辺では、3月13日あたりから、電気や水道、通信回線が復旧しはじめようやくテレビなどでも報道を見ることが出来ましたが、自分達より壊滅的な地域があることを知り、言葉を失いました。

    ただこのように、比較的復興が早い仙台駅周辺でも、食料品やガソリン等の物資の供給が足りておらず、開いている店には長い列ができています。

    街中では炊き出しが行われていたり、通電しているビルの電源を携帯電話の充電用に貸し出してくれたりしています。 被災地の方々は、私が見た限りでは誰一人怒ったりすることなく、秩序を守ってみんなで頑張ろうと言いながら、助け合っています。

    日本人であることに誇りを思うとともに、絶対ここから復興できると思いました。

    私自身は家族が東京にいるというのもあり、昨日 仙台から新潟までバスで出まして、東京に戻ってきました。

    道中では、全国各地の消防の方、水道局の方、自衛隊、警察の方、物資を運ぶ車とすれ違い、みんなが協力していることを実感しました。
     
    首都圏でも、比較的大きな地震があったようですし、余震が結構あるようでみなさん不安だと思いますが、今回のような想定されてないようなレベルの自然災害が起こると、ある意味人間の力ではその瞬間はどうしようもないので、無駄に騒がず、普段通り落ち着いて行動するしかないと思います。
     
    また、私は幸いにも事務所も仙台で借りている家も無事でしたが、被災した行政書士の仲間の中には大変な方も多くいると思います。
     
    復興には、相当時間とお金がかかると思いますので、もし少しでも何か役に立ちたいと思われている方は、ぜひ義援金をよろしくお願いいたします。
     
    私自身もできる限り寄付したいですし、節電などできることで協力したいと思っております。

    (安否のご連絡をいただいた皆様、本当にありがとうございました。)
    | - | 22:04 | comments(0) | - | - | - |